エアアジアの創業ストーリー|LCCブログ


エアアジアのCEOであるオスマンラニさんは日本でもだんだんとなじみの顔になってきた気がします。クリクリとした目が印象的で、どこにでもいる青年と言った風貌です。
そんな彼が築き上げたのが真っ赤な機体が目を引くエアアジア。マレーシアに本拠地を置くこの会社ですが、ここまでくるには相当の紆余曲折があったことを皆さんはご存じでしょうか。

エアアジア ロゴ

1993年の設立当初はマレーシア政府系の会社であるDRBの傘下企業だったのですが、この会社が完全に経営破綻。その後、大手レコード会社ワーナー・ミュージックアジアのアジア地域役員だったCEOが、2001年わずか1リンギット(30円)でこの会社を買い取ったのがスタートです。

2001年からわずか2年後の2003年には黒字化。格安航空路線で成功したのですが、とにかくその徹底した安売りは有名になりました。そして2004年にはタイとインドネシア国内に国内線を中心に運航する会社を設立してからは、破竹の勢いで近隣アジア諸国に路線網を広げていきました。

設立当初は拠点をマレーシアの首都であるクアラルンプールへ移すことを政府から拒否されるなど、どの国でもありえるような嫌がらせにもあってきたようです。
しかし、今となってはアジア最大のLCC航空会社。だれにも歩みを止められない存在に成長しました。深紅の機体が目を引きますが、イギリスのバージンアトランティック航空に似ている感もあります。
似ているというのは、外観だけではありません。経営者であるリチャードブランソンさんのように、独立独歩で特有の路線を歩いている姿がダブるのです。

スポンサーリンク
カテゴリー: blog
管理人のおすすめ
1位:エアーネックピロー

長時間のフライトには必須。今までネックピローなしで旅をしていましたが使ってみたらネックピローがあった方が圧倒的に快適でした。下のアイマスクと合わせてフライト中にしっかり休息を取れるような体制を作れます。空気式なので、空気を抜けば荷物にもなりません。
2位:立体式アイマスク
これも今まで不要だと思っていて使ってみたら驚いたものの一つ。目の前が暗いだけでグッと寝つきやすくなります。フライト中にしっかり寝て目的地に着いたらすぐに活動できるようになります。あまりいらないんじゃない?と考えていた方は是非、試してみることをオススメします!
▼今すぐ予約
エアアジア(from Expedia)
エアアジア ロゴ
管理人も最も多く利用しているLCCです。航空券は他社LCCと比べても激安ですし、料金表示も明朗で安心できます。機内食がおいしいのも魅力!
→搭乗体験談、評判はこちらから
スカイマーク(from SkyPackTours)

価格面では新興LCCに負ける面もありますが、就航地の充実度では圧倒的。近年はパック商品に力を入れていて思わぬお得商品が見つかる場合もあります。特に沖縄路線は充実しているのでオススメ!
→搭乗体験談、評判はこちらから
LCCjpの本が出ました
15万円で世界一周!?LCC利用術

世界一周を考える人なら真っ先に利用を考える「世界一周旅行券」とLCCとの比較を中心にLCC活用法を書いています。なんと99円です!
Follow us on Twitter
Facebookでも更新中
*
当サイトについて
LCCが日本の空をより良くすると信じて活動しています 詳しくはこちら

LCCのセール情報をいち早くお伝えするLCCバーゲンメールも配信中!
登録はこちらから